YAMを知って骨粗しょう症のリスクを回避する方法【骨密度検査】

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

 骨粗しょう症を調べるには骨密度検査(DEXA法)をやるべき【若年性比較YAMとは?】

 

骨の強さを測るには骨密度を測ればいいって聞いたけど、どういう検査?数値はどうやって見たらいいの?

 

骨が脆くなっているかどうかって気になりませんか?

骨粗しょう症になっているといつか胸腰椎圧迫骨折や股関節頚部骨折なんてことも!

「いつの間にか骨折」っていうのもあるんだよね。

そんなリスクを予知できるのが骨密度検査です。

 

この記事では骨密度検査(DEXA法)の検査法と数値の見かたについて紹介します。

 

 

骨の密度を測定しに来る患者さんはかなり多いです。

その一方で胸腰椎や股関節の骨折で運ばれてくる患者さんもたびたびみえます。

診療の経験から対策を教えます!

 

最後にDEXA法の診療報酬点数についても少し紹介します。

 

いってみよ〜

 

 骨粗しょう症を調べるには骨密度検査(DEXA法)をやるべき【若年性比較YAMとは?】

 

骨の強さは骨の中にあるカルシウムの量を測って確かめます。

骨密度検査や骨塩定量と呼ばれるものがその検査です。

「骨塩」というのは骨の中のカルシウムやリンのことです。

 

DEXA法とは?

dual-energy X-ray absorptiometryの略で、デキサ法と呼ばれます。

dual-energy X-rayの名前の通り装置からはエネルギーの違う2種類のX線を使います

エネルギーが違うので骨を通り抜ける力に違いがあります

その差を画像化して骨の密度を計測します。

骨密度を測る検査法としては最も信頼性のある検査です。

 

骨が固い場合は強いX線は通り抜けますが、弱いX線を止めることができます。

骨が脆い場合は強いX線も弱いX線も通り抜けてしまいます。

当然、骨が脆いほうが通り抜けたX線が多くなり「差」ができます。

この差を骨の密度として表します。

 

ただ写真を撮るだけじゃなくて意外と複雑なんだね

 

検査方法

骨の密度を正確に測るには腰椎と股関節が適切だと言われています。

先にも述べたように骨折も多い部位です。

 

患者さんは装置の上に数分ほど寝ていれば大丈夫です。

機械が自動的に動いて測定してくれます。

腰椎の検査時には膝を曲げる、股関節の検査時には脚を内股にするとより正確な値が出せます。

 

もしも手術をして金属が入っていたら担当技師に事前に言わないとね。

 

数値の見かた(YAMとは)

検査結果を見るとBMD、BMC、面積が書かれています。

骨密度はBMDで表されます。

そして、BMDはBMC(骨量)✕面積 という計算で求められます。

 

骨密度は個人差や生活習慣、年齢などによって変わるため具体的に正常の数値はありません。

そのため、同年代の平均や若年代の平均と比較して自分の骨の強さが何%くらいかを知ることが大事です。

 

特に若年成人比較はYAMと言われ骨粗しょう症の診断基準となっています。

 

YAMの値をよく見て70%以下の数字がある場合は要注意!

 

骨の強さが若い人の70%しか無いってことか・・・。

 

あなたも注意が必要かも?

女性は閉経によって骨密度が急激に低下することが知られています。

これはエストロゲンの減少が原因です。

また、小柄な人は骨も小さいですし、痩せて筋肉がない人は骨を支えることができないため骨粗しょう症のリスクが高まります。

 

男性も注意は必要です。

男性はもともと成長期に骨が丈夫に作られ、急激なホルモン変化もありません。

しかし、高齢になれば骨折してしまう人は多く見られます。

 

危険度をチェック!
  • 65歳以上の女性・75歳以上の男性
  • 背が縮んだ・背中が曲がってきた
  • 慢性的に腰痛がある
  • 骨折したことがある
  • 親族に股関節骨折または背骨の圧迫骨折をした
  • リウマチ・糖尿病の治療をしている
  • ステロイド剤を服用している

そして、言うまでもありませんが喫煙、過度の飲酒、偏った食生活はNGです。

これらは大量被ばくに匹敵するほど体に悪いですよ!

 

それ、毎回言ってるね。

 

骨密度検査の保険点数は?

診療報酬点数は腰椎と股関節を両方図った場合

360+90=450点になります。

3割負担で1350円です。

リクスの高い人は一度測りに行ってはいかがでしょうか?

 

骨粗しょう症は整形外科できちんと治療してもらえる病気です。

骨折してしまう前に自分をメンテナンスしましょう。

 

それくらいのお値段なら測りに行きやすいね

まとめ

骨密度検査( DEXA法)とは2種類のX線を使って骨の密度を測る検査です。

数分寝ているだけで終わる簡単な検査です。

数値は若年成人比較YAMの数値が70%以下になっていないかチェック!

 

自分にリスクがあるのかを知って対策をしましょう!

事前に骨粗しょう症だとわかれば、ひどい骨折になる前に治療が始められます。 

生活習慣の改善はもちろんですが、自分ではどうにも出来ないこともあります。

そんなときは病院へ相談して下さい。

 

骨折は一瞬で未来の生活を変えてしまうかもしれないね。家族の人にもオススメしてください。

 

 

コメント 感想・質問・リクエスト・ひとこと、遠慮なくどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました