毎日配信#15良い借金と悪い借金

発信まとめ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

୧( •̀ㅁ•́๑)૭✧<おつかれさまです。

りきりんです!

今日はストレートにお金の話題です。
もっと言うと「借金」の話です。

人は生きていく上で「借金」をする事もあるでしょう。
しかし、「借金」の中にも良い借金と悪い借金があります。

財布からお金が出ていく時は「3つの出費」を考えなければいけません。

1つは「浪費」
贅沢しちゃった、遊ぶお金に使っちゃった、ギャンブルや宝くじに使っちゃったなどです。

2つめは「消費」
生きていればご飯を食べなければいけませんし、服を着なければいけません。
住むところも必要だし、移動手段だって必要でしょう。

3つめは「投資」
株や不動産投資がイメージしやすいでしょうか?
他にも金を買ったり国債を買ったりと言うのもありますね!
あとは、知識や身だしなみを整えるための自己投資です。

では「財布から出ていくお金」というのが「借金」だったら…どうでしょう?
これを考えるだけで、人生の視野はかなり広くなります。
というか知らないと気づかないうちにお金をムダにしてしまいます。

しっかりお金に困らない価値観を身につけましょう。
まず意外な事実として借金をしている人がどんな人か…という事ですが。

では、下の三角形の図を見てください。

この黒く塗られた部分が何を示すかわかりますか?

もう一つ三角形の図をお見せします。

これは収入のピラミッドを表しています。
上部が富裕層で下部がマス層です。
マス層は日本の80%という世帯です。

先ほど黒く塗られたのはマス層の中でもさらに下の人が該当します。
この上層部と下層部の人たちが黒く塗られていて、つまり同じ行動をしています。

それが『借金』です。

彼らは何に借金をしているのでしょうか?

「ギャンブルやゲームなど自分の好きなことを借金をしてでもやりたい」
これは浪費ですね。明らかに悪い借金です。

「生活のために家や車を買うためのローンなどを借りた」
これらに悪いイメージを持っている人は少ないですよね。

一般的に、住宅は一括で購入するのが難しいですし、自動車がなくては生活できない地域もあると思います。
このような借金は、「生活のために必要」であり、また「資産になる(現金化できる)」借金と言えます。
ただ、家を買ったらお金が増えるんでしょうか?
車を買ったらお金が増えるんでしょうか?
また、その家、その車・・・本当に買う必要があるんでしょうか?

「家を買って孫の代まで住めば孫たちの家賃は無くなる」
「車を買って節約した自分の体力と時間で有意義に過ごすことができる」
「こだわりの車に乗ることで自分をブランディングできる」
と、そこまで計画的に考えているならOKです。
そうなければ、たちまちローンは悪い借金に早変わりです。

富裕層がしている借金は投資のための借金です。
借りたお金にレバレッジをかけて、更に増やすという考え方です。
計画的に借金をしてお金を増やしていくことがピラミッドの上へ駆け上るチャンスになるのです。
投資というのは、株や不動産などはもちろん期待をしている人、自分の学習などにお金をかける事も同じです。
塾や学校へ通うため、健康や身だしなみのためなども同じです。

ギャンブルや宝くじは「お金が増えるかも」と考える人もいるかもしれませんが、
「チャンスに賭ける」のは浪費と考えましょう。

「お金を増やすことにお金を使う」という考え方はとても大事です。

お金や資産に直結するのでしっかり考えてみましょう!

今日のまとめ

借金には「良い借金」と「悪い借金」がある。
それを知らなければ、いつの間にか悪い借金をして損をしてしまう。

投資こそが良い借金。
「お金を増やすことにお金を使う」という価値観が大事。

ブログの記事がいいね!と思ったらSNSなどで紹介してください。

【こちらの記事はline公式アカウントで配信されています】
配信を受け取りたいな。と思った方はこちらから登録をお願いします✨

読んでいただいた感想や「成長したいけど・・・」というあなたのお悩みを募集しています👍

友だち追加

 

コメント 感想・質問・リクエスト・ひとこと、遠慮なくどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました