看護師って大変!診療放射線技師からみた看護師さんのお仕事

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

看護師って大変!診療放射線技師からみた看護師さんのお仕事

 

りきりんがこんなツイートをしていたよ。 

 

 

僕が診療放射線技師になったのには、母の影響も大きいです。

毎日、仕事に一生懸命だった母を見ていた僕は自然と医療の道に導かれました。

一緒に看護師さんと働いてみて気づくこともあります。

 

やっぱり大変ですね、看護師さん。

 

いってみよ〜

 

 

 ツイートにも書きましたが、俗に肉体労働者の過酷さを表す3Kというのがあります。

世間一般によく言われるのは「キツい」「汚い」「危険」ですよね。

 

これを看護師に当てはめてその激務を揶揄しているところをよく見ます。

僕から見た看護師さんの仕事内容を見てみます。

 

キツい

仕事内容は責任を伴う仕事です。

指示や案内を間違えれば、命に関わることもあります。

常に緊張感が必要です。

そして快適な入院生活を送り、症状を寛解して家に返してあげなければいけません。

 

入院患者さんであれば24時間見守らなければなりません。

 

健康な人が泊まっているわけじゃないもんね

 

何度も見回りをしたり、夜中の急変でもすぐに対応を必要とされます。

 

看護師一人が何人の患者さんを看るかによって診療報酬も変わってきます。

決められた人数で担当の患者さんに手厚い看護を精一杯するのは、やりがいがあってもやはり「キツい」ですよね。

 

汚い

もちろん汚物、吐物などの汚さもありますが、それ以上に問題なのは感染です。

治療中の患者さんは感染症にかかっている場合も多いです。

医療従事者がいつも消毒を持っているのをご存知ですか?

何度、手を洗っているかご存知ですか?

 

  1. 患者さんと接触する前
  2. 清潔・無菌操作の前
  3. 体液に暴露された可能性のある場合
  4. 患者さんに触れた後
  5. 患者さんの周辺物品に触れた後

こんな何度も手指消毒しなきゃいけないの?

 

それでも常に感染を気にしなければ、他の患者さんに移してしまいかねないですからね。

患者さんが汚いわけではありませんが、「汚染」には気をつけなければいけません。

 

危険

もちろん感染症に自分がかかってしまう危険性もあります。

患者さんに使った針でうっかり自分を指してしまった。

誰かに刺してしまった。

それだけで一生を左右する感染症にかからないとも言えません。

抗体検査をして予めワクチンを打つなどの対策をしているんです。

 

患者さんの対応でも危険はあります。

常に転倒の危険性がありますし、残念ながら暴言暴力・セクハラなどもあります。

認知症の患者さんでは疎通が難しい場合も多いです。

周りを見て「危険」を予知する能力が必要です。

 

怖い・・・。

 

帰れない

僕の母親はずっと3交代勤務をしていました。

交代のたびに「申し送り」が必要です。

この申し送りを疎かにすると、患者対応に響きます。

常に報告・連絡・相談をしなければ、連携が取れず患者さんに負担をかけてしまいます。

 

それでも時間通りに行えるわけではありません。

急な処置が必要になったり、入院や検査の仕事が舞い込んできたりします。

基本的には休憩をとり、残業は無いようにしますが、そうすると今度は「キツい」人が増えてしまいます。

残念ながら誰かが大変な思いをするのが現実かもしれません

 

帰れない」のは家で待つ子供としては寂しいね。

 

休暇がない

土日の休みは確実に合わないですね。

三交代なので夜勤の前後は休まなければいけないので生活のリズムはかなり不規則です。

日勤深夜」は看護師に関わっている人をガッカリさせる呪文です。

僕の母は深夜明けに自損事故を起こしました。

やはり辛かったんでしょうね。

 

気をつけて

 

化粧ノリが悪いというのも「K」の縛りに入れようかと思いましたが、男性看護師も増えてる中でちょっとナンセンスだと考えてやめました。

しかし、それくらい「休暇がない」んです。

 

給料が低い

そんな過酷な労働条件を聞いても「看護師は給料をたくさんもらってる」なんて言えますか?

 

やりがいのある仕事だとは言え、対価はもちろん必要です。

病院は看護師がいてこそ成り立っているんです。

 

病院も決められた診療報酬の中でやりくりしなければいけません。

患者さんはお客さんではありませんが、経営も必要なことです。

病院内でももっとも多い職種である看護師の給与設定はいつも経営者を悩ませているようです。

 

婚期を逃す

僕の母はそれほどでもありませんでした。

時代の違いもあるかもしれません。

しかし、時代の違いと言えば、僕は生後3ヶ月で既に保育施設にいました。

今ほど育休産休のシステムが整っていなかったんでしょうね。

 

逆に育休産休を取る人がいれば、その分の穴埋めもするのは当然です。

女性ばかりの職場環境、休暇もない中で結婚相手を探すのはやはり難しいようです。

 

肉食女子にならないと

 

診療放射線技師はどうでしょう?

危険はありますね。

放射線を使うので。

職場から危険手当が出ている施設も多いと思います。

 

キツいと言えばキツいですが、スイッチ押してるだけって言われることもあります。

そんなことないですけどね!

 

汚いっていうことはあまりないですかね。

たまにです。

 

休暇がないのも、その通りです。

最近の働き方改革までは、大変でした。 

 

給料も誤解されがちですが、それほどです。

 

・・・おやおや?意外と僕も過酷でした。

 

 

診療放射線技師のみんなもお仕事お疲れさま

 

まとめ

 

読んでいただきありがとうございました✨

 

看護師さんも、いつも助けていただいてありがとうございます🍀

 

やはり「やりがい」があってこそだと思います。

医療の世界は特殊ですが、刺激も多いです。

その分充実した毎日を送らさせていただいていると思います。

 

危険でも

汚くても

キツくても

帰れなくても

休暇がなくても

給料が安くても

婚期を逃しても

明日も!

患者さんのために頑張りましょう🤗

 

気に入っていただけたらぜひ読者登録とスターぽちぽちしてください。

読んでいただけているのがわかると、励みになります。

Twitterのフォローもよろしくお願いします

わからないことやリクエストがあれば、気軽にコメントやリプをお待ちしております。

 

りきりん、まあまあのマザコンだよね

 

お母さん僕のこと一生懸命、育ててくれてありがとー! 😂

 

 

😀😃😄😁😆😅😂🤣😇😉😊🙂🙃☺️😋😌😍🥰😘😗😙😚🤪😜😝😛😎🤗😏😶😐😑😒🙄🤨🤔🤫🤭😳😞😟😠😡🤬😔😕🙁☹️😬🥺😣😖😫😩😤😮😱😨😰😯😦😧😢😥😪🤤😓😭🤩😵🥴😲🤐😷🤕🤒😴☀️💦🍺✨

 

 

 

たねきちの豆知識ならぬ種知識

ここにテキストてすとです。

どうなりますか。

文字数

カスタムURL

カテゴリ

アイキャッチ画像

記事の概要
高度なタイトル設定

 

コメント 感想・質問・リクエスト・ひとこと、遠慮なくどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました