医療職こそ副業すべき理由【枠にとらわれたらやばい】

ネットビジネス
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

こちらの記事は医療関係者、特に僕と同じコメディカルの職についている方に向けて書いています。
もし職業(特に収入面、やりがい)に関してあなたに悩みがあるなら、解決の糸口を見つけられるかもしれません。

特に「副業」をしていない方は自分をよく見つめ直してください。
そして、副業をすでにしているという方は、あなたのやっていることは決して間違いではないことを再認識していただければ幸いです。

まず、初めにあなたに知っておいていただきたいのは、
「医療」という職業の環境はかなり「特殊」なものだということです。
いつの間にか外とは閉鎖された職場環境が、あなたの中に世間とは違った「当たり前」を作ってはいませんか?

例えば、
「お金を稼ぐ」ということ。
病院に勤めている以上、「お金を稼ぐ」=「患者からお金をとる」ということになります。
この感覚の違いは、ビジネスをやっている人との大きな差になるでしょう。

あなただってお金を稼げます。

始める環境として僕は「ネットビジネス」をおすすめします。
もちろん他にもいろいろな収益化の方法はありますが、それについても書いていきます。

まずは、あなたの「副業」に関する価値観を変えていきたいと思います。

最後まで読んでいただいたら、きっとあなたの中に燃えるようにビジネスにむけての心が芽生えると思います。
「まず、何をやったらいいんだろう?」そう思ったら、ぜひ相談にきてください。

楽しんで読んでいただけたら感想をツイートしていただけると励みになります。
よろしくお願いします🍀

医者は副業・アルバイトでこんなに稼いでいる

医療職と言えば医者に始まり、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師、臨床工学技士、医療事務、介護士などなど他にも色々あります。

では、その中で「副業」をしている人ってどれくらいでしょう?

看護師、コメディカルに関して詳細なデータが無いため、これは個人の感覚になってしまいますが、ほとんどいないのではないでしょうか?

もちろん個人差や家庭の環境などもあるため一概には言えません。

では、一方で医師はどうでしょう?

こちらは「医師転職ドットコム」というサイトで約2000人の医師から回答を得た詳細なデータありました。

画像1

画像2

約7割の医師がアルバイトや副業を行っています。
ほとんど年齢や性別にも関係ありません。

もちろん日本の医師は世界と比較しても数が少ないため、「掛け持ち」が必要というのもわかります。
しかし、コメディカルと比べて圧倒的な給料差が出来ていると思いませんか?

画像3

1,400~1,600万円が12.9%で最も多く、それとほぼ並んで1,600~1,800万円が12.7%という結果となっています。年収の中央値は1,700万円となっています。
年収3,000万円以上の医師も全体の5.8%を占める結果となっています。

副業・アルバイトを含まないデータもあります。

画像4

最も多いのは800万円未満で22.7%を占める結果となりました。年収の中央値は1,300万円となっており、アルバイト・副業込みの年収(中央値)と比べると400万円ほど低い結果となっています。逆にいえば、それだけ医師の収入においてアルバイトや副業が重要になりやすいといえます。

データ引用元:医師転職ドットコム

医者が副業やアルバイトで400万円も手にしているのにあなたはどうですか?

職場で「副業はやってはいけない」のような暗示にかかってはいませんか?

よく歯に衣着せぬ物言いで世間を騒がせています堀江貴文氏は著書「他動力」の中でこんな言葉を載せていました。

大事な会議でスマホをいじる勇気をもて

もちろんこんなことを言ってしまうから賛否両論あるのかとは思います。
ホリエモンのことが好きじゃない方もまずは聞いてください笑

病院って本当に会議が多いですよね。

朝はミーティングに始まり、申し送り、定例会などの会議、目標管理、インシデント・アクシデントの集計、各種委員会、データの集計、クリニカルパスの運用やバリアンス報告

もちろんすべては患者さんのためです。
病院を快適な空間にしているあなたは本当にすばらしい。

ですが、

それとあなたが人生を豊かにしようとすることは別の話ですよね?

だって、医者はアルバイトをしているんですから。

あなたにはあなたの生活がある。
あなたの暮らしが豊かになって充実すれば、きっとあなたの醸し出すオーラみたいなものも変わってきますよ。
それを感じ取った患者さんも一緒に幸せを感じてくれるかもしれません。

医療の仕事を片手間にお金を稼げって言っているわけではありません。
ここは勘違いしないでください。

あなた自身の人生が豊かになったほうが、あなたの周囲に良い影響が出るということだけは忘れないでいただきたいです。

あなたにネットビジネスをすすめる理由

もちろん専門的な知識を活かして、他の医療機関でアルバイトの募集を探すというのもいいかもしれません。

やりがいをもって今までやってきた経験はもちろんあなたの武器です。

その武器を使ってもいいのですが、
僕がもう一つの武器としてオススメしたいのが「ネットビジネス」
具体的にはブログやSNSの運用です。

なぜブログやSNSの運用がオススメかというと、
・あなたは何も知らなすぎる
・医療職である以上、時間を選ばない仕事が良い
・最終的には職場で役立てることが出来る

これらがあげられます。
1つずつ見ていきましょう。

・専門的な知識を持っている一方で、基本となるお金の知識が全くない。

僕はそうでした。
厳密に言えば、そんな風には露ほども思っていませんでしたが、実際にビジネスを始めて思い知らされました。

あなたの目の前に例えば「ボールペン」などはありますか?
あなたはそのボールペンを誰かに売ることが出来るでしょうか。

つまり、セールスです。

この時点で「人に物を売りつけるなんてしたくない」と思ったなら、あなたは今すぐ価値観を買えるべきです。
なぜならこれは一歩病院を出れば当たり前に行われていることであり、そのスキルを身に着けようともしないあなたは、いずれ恥をかくことになるでしょう。

ブログで商品の説明やレビューで魅力を伝え買ってもらう。
SNSで自分を売り出す。
その果てには自身のコンテンツを生み出し、商品として売る。

このようなことだって可能になるのです。

武器はいくつ持っていてもいい。
専門的な医療分野という武器とネットビジネスという武器を手に入れたら、
あなたは周囲よりも一歩進んだ存在になれますよ✨

・不規則な時間を最大限に利用する

自由になる時間というのは少ないものです。

職場では複雑なシフトが組まれていたりしませんか?
そんな中でバイトなんてなかなか難しいです。

ネットを使うならそんなことは気にしなくても大丈夫。
もちろん簡単に稼げるわけではありません。

よくネットを使えば簡単に稼げると勘違いする人がいますが、
それは間違いです。

ただ、時間を気にしなくていいというのは事実です。
おそらく空いた時間がいくらかありませんか?

僕の場合は、待機当番で家にいなければいけなかったり、当直業務で職場にいるけどやることがなかったり、夜勤などで生活が乱れて結局家でダラダラゴロゴロとゲームやYoutubeを・・・

もったいない!

ここは有効に使いましょう。
人生を豊かにするために!

・ネットワークビジネスはそのまま本職でも活かせる

これからの社会はAIとネットワークがどんどん発展していきます。

診療放射線技師の仕事で言えば「レントゲン写真の病変を見つける」ということもAIがやってくれるようになるでしょう。
病院同士の画像のやりとりもブロックチェーンなど暗号化されたネットワークを行き来したり、在宅医療を受ける患者さんとのやりとりもSNSを使ったものになっていくでしょう。

そうなったときに知識のあるあなたの出番です。

医療機関は本当にそういう流れにウトい。

だから未だにブラックな職場だって残っているし、セクハラ、パワハラ、モラハラは無くならない。

世間の企業がこれだけがんばっている中で・・・恥ずかしい。

つまり、恥をかかないようにネットビジネスの知識は必要なのです。

「でも、何もわからないから」と諦めるのではなく、

「わからないからこそ」やりましょう。

まずはSNSに力を入れろ

これからビジネスを始める方はまずSNSを始めるべきだと考えます。

もしもすでにブログ、転売・せどり、FX、MLMなどをやられている方もSNSへ切り替える。
もしくは、今の事業が悪くないなら並行してSNSを強化するのが収益を1段階も2段階も上げる近道です。

なぜなら今からの時代は影響力を持っている人間が圧倒的に有利だからです。

テレビに出演する人とYoutubeやInstagramで活躍する人ではどちらが影響力があるでしょう?

実は圧倒的にYoutuberの方が影響力が強いのです。

この意味がわかりますか?

すでにテレビの時代は終わったんです。

そして、Youtubeを見ていればわかりますが、
次々と関連動画が出てきますよね。

もう一歩先の社会では検索エンジンがなくなります。

なぜならあなたの扱う端末やアカウントを連携されるSNSを通じて全てに、あなたの欲する情報を理解してくれるAIが搭載されるからです。
「検索エンジン最適化」はもう古い時代になってきます。

今から勉強して効果が出てくる頃にはもう手遅れでしょう。

だからこそ、今必要なのは「SNS」です。

自分を発信し、メディアの力を強め、自分で作り出したグッズやコンテンツを販売する。

医療の知識を売ってもいいでしょう。
SNSをがんばって育てたならそのノウハウを売ってもいいでしょう。
収益を得たのならその実績をつかってコンサルをしてもいいでしょう。

そこでセールスの力の出番です。

おそらく大学や専門学校では医療の専門的な知識しか教えられず、閉鎖された職場では洗脳されて言われるまま仕事をしてきたあなたにはハードルが高く感じられるでしょう。

しかし、出来ます。

なぜなら僕にも出来たからです。

アドバイスはいくらでもすることが出来るので、ぜひ気軽にTwitterでDMを送ったりしてください。

僕は変わろうとするあなたの味方です。

人生をより豊かにしましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

コメント 感想・質問・リクエスト・ひとこと、遠慮なくどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました