【人生変えたいなら読め】人生を変える方法を探し続けたらこうなった

すべて
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

行き着いたのはブログ

朝活

おはようございます。
今、平日の朝の5時前から書き始めています。

今まで3年ほどいろいろな活動をしてきました。
プロフィールにあるようなSNS運用、YouTube、ブログ、アフィリエイト、FX、グループ運用などなどです。

それなりにお金になるものもありました。
人生の価値観を変える出来事もありました。

で、最終的に行き着いたのは、こうやって朝から雑多な記事をブログのPVも気にせず書くということです。

書きながら思っているのはやっぱり朝活はいいですねw

あと、この記事を書いている現在よりかなり前に書いたブログ。
がむしゃらにやっていたころの記事が残っているのですが、あれはあれで残そうかなと。
実は結構なPVがあるのでもったいないということもあるのですが、あの記事を読んでこのブログにたどり着いたあなたはあの頃の「がむしゃらな自分」に近いと考えています。

過去の自分に向けて書いているようなところもあるので、同じ属性のあなたの人生に少しでも価値観を加えられたらと考えています。

大事なもの

価値観って人それぞれなんですけど、実は無いものねだりがほとんどなんだなっていうのが結論です。

人の悩みは尽きないものです。
それを解決するために捨てるものが必要となる場合、解決策とは言えません。

お金が無い、だからこそ投資が必要
時間がない、だったら時間をお金で買えばいい

お金、お金、お金

お金は確かに必要です。
でも外に出てお金を稼いでいるなら、それで幸せに生活できます。

生活できないと思うのはあなたが人生を、能力を、環境を自ら値引きしてしまっているからです。
例えば、仕事がしんどいなら転職する、上司に直談判する、労働基準監督署に申し出るなどなど、別にできることってあるんです。
なのに自分にはそんな能力はない、後々の事を考えると、どうせ何も変わらないと動くのをやめてしまう。

仕事やお金のことじゃなくてもそうです。
結婚、育児、介護、その他の人間関係、性格、習慣、環境などその全てが実はやってできないことはないし、きっと変えれば何とかなるという希望的観測なのです。

無いものを数えないでください。
今、仕事をしてお金を稼いでいるのにわざわざブログで稼がなくていいじゃないですか。
(と言いながらブログを書いているわけですが)

何をするにも時間は誰にでも平等だし、あなたも時間を使います。
忘れてはいけないのは「あなたが幸せな時間を過ごすこと」が一番大事です。

身内を含めた誰も関係ありません。
あなたが幸せであることが最も大事です。

これが至高の生活

僕が現在行き着いた生活の話をします。

今はもろもろのビジネス的な事からは手を引きました。
まぁ、逃げたと思ってもらっていいです。

ただ、逃げたというのは大きく稼ぐことができないから諦めたとか継続した収入が得られないから辞めたという意味ではなく、時間を失うのが怖くなったからです。

必死にやってると、しかもうまくいっていると気づかないんですが、かなり疲弊していました。

先ほども言ったようにお金を作るのは自分の時間を使います。
この先、ずっと時間もなく、やらなければいけないという焦燥感の中で生活するのってどうなんだろう?と考えるようになりました。

そこで「辞められるのか」となったわけです。
それなりにいろいろやってきて、コミュニティも作ってきて全部を放棄して逃げられるのか?

逃げました。
それも値引きなのです。
全部を手放して時間を作ることを選びました。

やってみれば簡単ですね。
何もしなくていいんですからw

今は仕事をして、ジムに行って、オートミールを食べた後にすぐ就寝
目が覚めるまで長時間寝て、早朝に起きたらストレッチと朝活をして晩ご飯のような朝ごはんを自分で作り、余裕の出勤。

生活はシンプルだし、買い物も必要ないし、健康的だし自分の時間をフルで使えます。

今後の更新

たぶん家庭を持っている人は、夫にそんな生活をされちゃ困るとか、妻が小言をいうとか、子供との時間が大事とかそんな事を思うかもしれないです。

それに関しては次からの記事で書いていこうと思います。

どんな思考でいるのが幸せなのかって結論は意外とシンプルです。
生活もごちゃごちゃ考えるよりもシンプルに過ごせばそれでいいはずなんです。

なのにあれやこれやと肉付けしてしまい、動きが鈍くなってしまうのが人間のふしぎなところ。

自分を満足させてあげてください。
このブログがあなたの何かを変えるきっかけになれると嬉しいです。

と言っても、ただただ早起きして独り言を垂れ流すことには変わりありませんが。

コメント 感想・質問・リクエスト・ひとこと、遠慮なくどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました