チーズティーとは?タピオカはもう古い?流行からビジネス戦略を見る

マインド
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

チーズティーとは?

FORTUNER tea-box

ご存知ですか?チーズティー。

たねきち
たねきち

知らない。

1年ほど前に原宿で出店したお店がじわじわと力を溜めて開放してきているようです。

もともとは台湾の屋台で売り出したようですが、それを中国のチェーン店が世界へ流行させたようです。

日本でもまずは流行の発信地である原宿に

「FORTUNER tea-box」(フォーチュナーティーボックス)というお店が出店したようです。

世の中では空前のタピオカブームが巻き起こっていますが、

次に流行るのは「チーズティー」だ!という声もちらほら。

たねきち
たねきち

そうなの!?

 

カラフルなドリンクにチーズの層が分離して乗っているといった印象のドリンク。

やはり今の時代は流行を作り出すのに見た目も重要な要素です。

その分離したチーズの層を少しずつ溶かしながらめば、

味の配分を調節しながら飽きることなく飲むことが出来ます。

たねきち
たねきち

おいしそ〜

メニュー

FORTUNER tea-boxにおいてあるメニューは

  • 鉄観音チーズティー
  • 四季春チーズティー
  • チーズ抹茶オレ
  • アッサム(紅茶)チーズティー
  • チーズミルクティー
  • オレンジチーズティー
  • 林檎ほうじ茶チーズミルクティー
  • マンゴーチーズティー
  • ピーチウーロン茶チーズミルクティー
  • ストロベリーチーズティー

そしてカスタマイズが可能で

サイズ:MとL

甘さ:無糖<控えめ<ふつう<多め

豆乳に変更やタピオカを追加も+50円で出来ます。

チーズティーはなぜ流行ったのか

タピオカを使用

まずはチーズティーを知ってもらわなければ、流行らせることはできません。

そこで、重要な役割を果たしたのは何と言っても「タピオカ

 

知名度もないうちからいきなりチーズティーを食べてみようという人はなかなかいません。

しかし、どこのタピオカドリンクが美味しいのか食べ比べたいと思っている

タピオカが大好きな人はたくさんいると思います。

そんな人達が最初は訪れたのではないでしょうか。

タピオカを追加したチーズティーは目を引くし「何これ?」を誘ったのは間違いありません。

チーズ

タピオカも流行していますが、やはりファンが多いチーズ。

チーズハットグやチーズタッカルビが流行したのも記憶に新しいのではないでしょうか?

たねきち
たねきち

日本人はチーズが大好きだもんね。

チーズティーに入ったチーズも濃厚でチーズケーキが好きな人にはたまらないドリンクとなっているようです。

店舗展開

この記事を書いている現在、FORTUNER tea-boxが出店しているのは

東京に2店舗、名古屋と仙台にそれぞれ出店したようです。

首都圏を中心としつつ、距離の近い大都市である名古屋・仙台に出店したといったところでしょうか。

さらに大阪に店舗を増やすのは時間の問題です。

他にも同じ事業を始める店舗は多くあると思います。

その中でどうブランディングをしていくかというのは注目されるところではないでしょうか?

ビジネス戦略

まずは「チーズティー」というコンテンツを売る場合に、今流行のタピオカを使用する。

その中でタピオカが目当てで訪れた人の中にチーズティーのファンが残る。

これが、「集客」に当たります。

いかにして注目を集めファンが出来上がるか。

その中でSNSの拡散や話題になればメディアへ展開が可能です。

 

その時、もちろん「美味しい」「見た目がいい」という発信はもちろん。

メディアで「タピオカはもう古い」「次はチーズティー」という情報を流したらどうでしょう?

新しいもの好きな人達は飲まずにはいられません。

これこそまさに「教育」です。

それまでタピオカの流行が「もう古い」となった瞬間にチーズティーにうつるでしょう。

日本人は「みんな飲んでる」というワードに非常に弱いのです。

 

あとは要望があるところへ可能な限り出店をします。

販売する際も顧客の満足度を上げる必要があります。

更に口コミはまし、リピーターも増えていくことでしょう。

これが「販売」にあたります。

たねきち
たねきち

集客、教育、販売だね。

まとめ

見事なまでにビジネスの基礎を踏襲した今回のチーズティーブーム。

その販売戦略は他のビジネスにも応用ができるものだと思います。

例えばブログだってそうです。

僕が書くブログは今「チーズティー」というトレンドに

「ビジネス」という自分が発信したことを結びつけて書いています。

計画と戦略で、少し先を行く発信が出来るようにしていきたいです!

 

コメント 感想・質問・リクエスト・ひとこと、遠慮なくどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました